カルドセプトDS

予約特典のカードガイド付が届きましたよっと。

まず最初にご注意。
セーブできるデータはひとつです。
セーブできるデータはひとつです。

※大事な事なので2度書きました。

兄弟に1本買い与えて仲良く遊べとか、ゲームの性質上まず無理です。
ブック(カードゲームで言うところのデッキにあたる)の構成を知らないうちに変更されても平気で、なおかつ知らないうちに通信で良いカードごっそり人にあげちゃったテヘ☆となっても許せるような仲なら問題なし。・・やっぱ普通に考えて、無理。
まあ一人1DS所持の家庭も珍しくないと思いますんで、やりたい人数分だけ買えってことですね。
でもそれだけの価値はあります。

システムは分かり易く言えば、モノポリーorいたスト風ボードゲームにカードバトルの要素を混ぜ込んだもの。PS版からの移植だそうですが、自分はこれが初セプト。モノポリーもいたストもカードバトルもそんなに熱心にははまった経験は無し。
そんな自分が新規購入に踏み切った最大の理由は、予約特典・・ではなく、曲担当があの古代祐三氏であること。自分が知ってるだけでも、イースやザ・スーパー忍やベアナックルやアクトレイザーの曲などなどを作られたお方ですよ。デモで流れていた曲で一発ノックアウトでした。

デモを見てビビッと来た人はサントラも是非。ディスク3枚組で3千円強となかなか良心的価格です。

ともあれ、本質は対戦にあると思うので、ストーリーモードはさくっと終わらせて、Wi-Fi環境を整えるのが良いでしょう。カード配信はもちろんの事、追加マップや追加ルールの配信、全国規模の大会なんかも開催されるそうなので、しばらくは、公式サイト必見ですね。

ってか、通信でボイスチャットまで標準装備なのが驚いた。ゲームそっちのけで遠距離の友達にカード自慢して嫌われないように。やらんか。
驚いたと言えば、ストーリーモード主人公の相方が爺の顔した杖なのにも驚いた。
いやー、媚びてなくって素敵。(誰に)

なお、予約特典のカードガイドですが、
081018.jpg
DSサイズ。ちっこいので、出先でちょっとブック構成考えたりするのには重宝します。が、カードの絵は小指の爪ほどの為、デザインを眺めて楽しむというのには全く向かず。
んで公式ガイド買っちゃうんだ。ああ、戦略はまりまくり。

  • entry353ツイート
  • Google+

PageTop