払ってたまるか

見てようが見てまいが垂れ流しの電波に受信料払えと殿様商売やってた某NHKですが、不祥事続きで受信料支払い拒否が続出中みたいですね。そりゃ当然でしょう。誰も、わけわからん奴の遊興費を肩代わりしてやるほど酔狂じゃありません。
すっきりするまで払いたくないけど、でも口座引き落としにしちゃってるよorz・・という人も、そこで諦めちゃいけません。


調べてたらいいのがありました。

5分でNHK口座引き落としを解約する方法

●0120-151515(フリーダイヤル 以後以後以後)に電話する。
●アナウンス「該当する番号を押して下さい」と流れるので、受信料等の「1」を押す
●最近は繋がりにくいが待つ。オペレーターのおねいさんに繋がる
●解約したいと伝えると、理由を聞いてくるので「テレビが壊れた」旨伝える。
 (いつ壊れたか?他に受信機はないか? 購入、修理の予定は無いかと聞いてくる)
 ※必ず「廃棄した。もう購入しない」と言う。(過去の場合は、さかのぼって料金が返金される!)
●お客さま番号(放送受信料領収書のはがき参照)、住所、電話番号を確認してくるので答える。
●確認が出来たら、書類を送付するので期日までに郵送する旨説明してくる。
 (この時に現在の支払い状況も確認されると思います。)
●送付された放送受信機廃止届を郵送する。
 ※最近はオペレータも簡単に解約させないようにもっていくケースが報告されています。
 心配ご無用!自信を持って毅然とした態度で「撤去した!」と言うだけでOK.
 それ以外のことは言うべからず。何を言われても「撤去した!」これだけで済みます。
 ※全然フリーダイヤルが繋がらない場合は「NHK視聴者コールセンター」に確認しましょう。


あと、今更語るまでもないかも知れませんが、受信料についての考察サイトなど。
NHKの受信料について考える
NHK受信料について考えましょう


こんな本もあったんですね。
NHK受信料拒否の論理(本多 勝一)
徴収人にこの著者名を引き合いに出し、「この人が払うなら自分も払う」と言うと効果があるとかなんとか。


うちですか?
うちはゲーム専用モニタがあるだけで、受信設備がないので契約してません。

  • entry117ツイート
  • Google+

PageTop