ちょっと門司港へ

そういえば海峡越しに見えているのに門司港名物の焼きカレーを食べた事がない。
せっかく有休が取れたのでド平日ですが行ってきました。
100701.jpg
唐戸桟橋から関門汽船で大人片道390円也。

100701-0.jpg
下関を出発。この灯台のとこはアジが釣れます。落ち着いたらまた釣りに行きたい。

100701-1.jpg
片道15分ほどで門司港着。

そのまま正面に歩けばJR門司港駅まで行けるんですが、今日の目的は焼きカレー。
予め焼きカレーマップで予習して、1番目にある「海の英雄」行ってみようと。

100701-5.jpg
船着き場から右手方向にずーっと歩く。
100701-6.jpg
・・と、なんか植え込みの草の中の茶色いのがふと気になる。

100701-7.jpg
近寄ってみると謎茸。(わりとたくさん)
鳩もつつかないとこからして食用ではないのだろうか・・。
しかし歩道沿いの植え込みで茸とか初めて見た。

意味もなく感心しつつ左手の門司港湾合同庁舎を見ると、
100701-2.jpg
・・うん、税関とかいろいろあるだろうからね・・。
でも461で白い粉って読ませるなら、46157まで頑張って欲しかった。
ちなみにこの0120-461-961は全国統一密輸情報提供ダイヤルだそうな。
密輸かな?と思ったら即電話!

100701-3.jpg
目的の海峡ドラマシップに到着。
真っ先に2Fのカレーに行くつもりが、3Fの展示物に川本喜八郎氏の平家物語(の人形)が展示されてるってんでそっちに脱線。いや、川本氏の人形は三国志から好きだったんで・・。写真撮っちゃいけなかったのが惜しまれれる。

で、肝心の2Fの「海の英雄」は・・なんか別の店になってたorz
その辺に置いてあったグルメMAPにもまだ店の名前は残ってたので、経営者が変わったのはつい最近なのかもしれない。

100701-4.jpg
仕方ないので展望台から関門海峡を眺めて海峡ドラマシップからは退散。

結局、門司港駅前まで戻ってMAP見つつ仕切直し。
ちょうど木曜日(今日)のランチタイムがサービス価格だというお店、ル・カフェに決めた。
100701-8.jpg
セットメニュー。これにドリンク付。
メインの焼きカレーはご飯の上に生卵が割り入れてあり、その上にカレーとチーズをかけて焼いてある。左の粉はふりかけ用ガラムマサラ。あまり辛くないが香りがとても良い。
店主は英国紳士のオジサマで、えらい気さくに話しかけてくれる(英語で)。
また木曜日の昼に門司港へ来る事があったら寄りたいです。(せこい)

後はちょろっと海峡プラザで土産物屋などを冷やかし、
100701-9.jpg
さらば門司港。

家に帰って落ち着いたら、
100701-10.jpg
なんか変な菓子ばっかり買って帰ってた。
土地限定のお菓子ってネタで終わらず本当に美味しい物もあるから侮れない。

  • entry439ツイート
  • Google+

PageTop