Wiiゼルダ

Sportsに引き続き、Wiiゼルダこと『ゼルダの伝説~トワイライトプリンセス』の体感など。

文字だけでつまらない人は、公式の動画もありますのでそちらも併せてどうぞ→ゼルダ体験画像

自分史上最強の敵である3D酔いと戦いつつ話を進めて、やっと釣り堀で遊べるようになりました。
同じナマズばっかりかかってorzです。打倒、釣り堀の主。(本来の目的はどうした)

まだガイドブックが出ていないので完全に手探り攻略中ですが、ボス戦は相変わらず燃えます。どうやってもダメージが入れられないときは頭に来ますが、考えた方法で攻撃が入ったときは、よっしゃあああ!みたいな。(一人でやってて我に返るとなかなか恥ずかしいですが、一緒に見ている人もいる場合は、その人までよし!となるのが不思議です。)
64で自分が吐くまで悩まされた、癖のあるカメラワークはだいぶ緩和されてます(バイオハザードなどで鍛えている人なら全然問題ないレベル)。ただ、FPS慣れしている人は、視点が自由に変えられないのが逆にネックかもしれません。

けれど、ハイラル平原を馬で駆ける時は64版以上に気分爽快。モンスもゲシゲシ踏みつけられるし(ぉぃ)
中でも水の表現は、これまでやってきたどのゲームよりも(パソコンのも含む)素晴らしいです。天気の良いときの透き通った水面も、雨が降って濁った水も、よく表現できたなと感心することしきり。他の新世代機に比べてWiiは画質で劣ると言われてますが、ゼルダに関しては全くそんなことは感じさせません。Wii版はワイド画面にも対応していて、CG映画でも見ているかのようです。

ゼルダを純粋に楽しみたい人は、GC版(リンク左利き&GCコントローラで操作&任天堂直販のみ)が無難なようです。ただ自分は64ゼルダの中でも特に釣りにはまった奴なので(釣りだけで丸3日くらい遊んでた)、これはWiiリモコンで釣りを試したいなと。(Wii版はGC版の左右反転画面なのでリンクもその他登場人物も全部利き腕が反対。もちろんマップも全部左右逆!)
戦闘時にリモコンを剣に見立てて振るのはおまけ程度の感覚ですが、釣りや飛び道具を使うときはかなりしっくりきます。今回の釣り堀はルアー釣りの為、Wiiリモコンの本領発揮。釣り好きの相棒が、横から少し貸せ貸せとうるさいくらいの出来です。(自力でそこまで辿り着いてみせろ!)
ただ、乱戦時にリモコンでターゲット取るとき、稀にセンサーが思うように反応してくれないことがあるのがやや不満。馬車護衛でリモコン投げそうになったのは秘密です。

映像左右反転の弊害として、登場人物が誰もかれも左利き、握手も左手というのがやや間抜け。
そんなわけで、懐に余裕があったらGC版もやりたいところです。


余談1。

説明書の表紙の方がパッケージ絵よりも凝ってて、こっちこそパッケージ絵にすれば良かったのにって出来なんですが、よくよく見ると「彼女」がネタバレっぽいので断念したのかなと。

余談2。

リンクは昔から重要アイテムを見つけたときに両手で掲げる癖があるわけですが、今作では上半身アップでリンクも「良い物手に入った~」という感じで目が輝いてます。特別貴重なアイテムだったりすると、口元まで綻んじゃってます。

さて今回、「おばちゃん」というアイテム?があります。

おばちゃん言葉で喋る仲間アイテムなんですが、初めて仲間にしたときのリンクの表情。
よくよく見ないと気付かないかも知れません......が、必見です。
(釣りでゴミなど釣ったときの顔と同じ。気持ちは分かるけど、おばちゃん気の毒だよ)
 

  • entry213ツイート
  • Google+

PageTop